--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/17.Mon

野辺山ウルトラマラソン


 完走されたみなさん、残念ながら完走されなかったみなさん、お疲れさまでした。

 ワタクシは71km滝見の湯で、今年もリタイアしてしまいました。

ラップ
-10km 48:41(?)
-20km 1:44:58 56:18(151)
-30km 2:35:37 50:40(146)
-40km 3:27:36 51:59(146)
-50km 4:16:49 49:14(142)
-60km 5:18:39 61:49(141)
-70km 6:56:17 97:38(115)

 50km過ぎから右ハム下に痛みが出始めて、55kmあたりから大きくペースダウン。
 58km北相木村役場エイドでリタイアも頭をよぎりましたが、時間もあることなので、症状がよくなることをちょっぴり期待して、滝見の湯まで歩いて行きました。

 58kmでやめずに良かったのは、滝見の湯まで行く途中でsakusakuさんとcountryboyさんに(ワタクシ的に)初めてお会いできたことでした。順調に走っていれば、エイドでゆっくり(?)お話できたのかもしれませんが。

 滝見の湯では、この後のぶんも、とばかりにエイドで飲み食いしながら、応援に来られていたきたむぅさんとしばしお話。
 天気も良かったことですし、あと30km歩いてもギリギリ時間内にゴールできそうではありましたが……
「バスの出発は12時30分でーす」
 とのアナウンスを聞いて気持ちがナエナエに。

 バスでスタート地点に戻ってからは、皆さんのゴールを待とう、とも考えましたが、ゴールシーンを見てしまう(その空気に触れる)と、とてもヘコむこと確実なので、早々に帰宅。
 ゴール予定の15時頃には、家で酒飲んで競馬中継見てました。

 去年もリタイアでしたし、なんか、野辺山はリタイアしてもいいかな……、とかクセができてしまったような気がします。
 去年はひざを痛めて、その後一ト月はほとんど走れず、半年以上不安な状態が続いてましたから、そうなる前に……、とブレーキを早めにかけてました。
 さすがに昨日の今日では回復してませんが、今年は長引かないような……、と期待しています。

 いろいろと中途半端に終わった今年の野辺山でした。



スポンサーサイト
ウルトラ | Comments(6) | Trackback(0)
2010/05/14.Fri

野辺山へ……


 いよいよ明後日です。

 今日、スントから「心拍計修理できましたー」との連絡があって、発送してくれる(?)とのこと。明日届いてくれればバンバンザイで行けますが、どうなるかな……

 去年はひざ痛で40km過ぎでリタイアしてしまった野辺山、今年はなんとか完走したいものです、が、不調はともかく不具合が感じられたら躊躇なく、またリタイアしよう、と思っています。

 今からこんなこと言っててどうかとは思いますが……

 去年はデポにいろいろと置いてしまって、リタイア後に野辺山に帰って来てからも、デポ品が戻ってこないのでなかなか帰宅できずにいたので、今年はデポに置いとく物は消耗品で最小限にしておく予定です。幸い、天気は良さそうなので……

 もちろん、完走できるように最大限努力しますが。

 29時間後、野辺山でお会いしましょう!




ウルトラ | Comments(2) | Trackback(0)
2010/05/13.Thu

野辺山に……


 今週は週間天気予報に一憂ニ憂……していたら、なんか晴れる予報になってきましたね!
 低気圧が過ぎ去って高気圧に覆われた穏やかな天気、もしかすると、暑いかも? くらいのすばらしいウルトラ日和になってくれそうです。

 今日は最終調整で8kmほどジョギングしてきました。明日はプールにいってリラックスしてホンバンに備える予定です。



ウルトラ | Comments(4) | Trackback(0)
2010/05/12.Wed

野辺山で……

 まわりの農家的経験では、5月15日を過ぎればシモの心配がなくなる、と言われているらしいです。さすがに先人の知恵は貴ぶべきですね……

 で、寒波が通り過ぎたら温かくなるとか。
 日曜の天気予報が長野で最高21度、最低10度とのことですから、野辺山のあたりでは5度くらい低いとみとけばいいのかな?
 気温は去年並……、雨風は……、前線だからなあ……、一日ズレてくれたらなあ……

 天気は神様に祈る事しかできませんので、ワタクシはワタクシにできることを、人事を尽くして天命を待つ……ようにしておきたいものです。
 昨日のつづき、最後まで走りきるにはどうすればいいのか、について考えてみようと思います。

 100kmを走りきるのに必要と考えられるものは、肉体的には100kmを走れる脚、10時間くらい行動できる心肺、でしょうか。
 いまさら前者を作り上げることはできないので(歩きを積極的に取り入れる、という方法はありますが)、せめて10時間くらい走っていられる心肺、というか、どうすれば10時間くらい動いていられるのか?

 やはり心拍計を使うことでしょうか。

「21世紀のマラソントレーニング」という本によりますと、最大心拍数の90%でハーフマラソンを、85%でマラソンを、75%でウルトラマラソンを走りきることができる、と書かれています。

 ワタクシの経験では、この指標はかなり正確に思われます。
 ハーフやフルのマラソンでは、コースがほぼ平坦ということもあって、上記の心拍数を上限=平均に走ることができ、実際に走りきることができています。
 ならば、ウルトラも……、こう考えると、とても簡単ですね。けれど、今回はそう簡単ではありません。

 野辺山はアップダウンがあって、75%を上限=平均にすることは、かなり困難です。
 特に、下りでその心拍数を維持しようとすると、かなりのスピードを出さなければいけません。去年はそれで脚にダメージを溜めてしまい、リタイアの原因になったと思っています。
 今年は下りは抑えて、を肝に銘じてますから、練習の感じでは下りは65~70%くらいの心拍数でいくことになると思われます。

 なら、そのぶん登りで心拍数を上げていいんじゃないか……?
 安全運転をこころがけるなら、登りは75%上限で、下りは抑えて、いけば良いことはわかってますが、走るならできるだけ良いタイムでゴールしたいですし……
 当日、走ってる最中も悩むことになりそうです。

*ご参考に
 最大心拍数の式はいろいろありますが、210-(年齢×0.6)、で計算するとけっこう近いように思えます。
 レースで測定されている方は、ハーフやフルのマラソンの結果から逆算するのもいいかもしれませんね。



ウルトラ | Comments(0) | Trackback(0)
2010/05/11.Tue

野辺山は……


 天気予報を今日見たら……、明日から寒気ってどゆこと!?
 シモが降りませんように、と、切に願う農家のワタクシです。

 寒気は土曜には通り過ぎてくれるようですが、週末の天気予報は雨マークがついてますね……
 去年は稀に見る雨風でしたが、今年もそうなるのかなあ?
 去年の優勝者・ソウマさん曰く
 「涼しくて走りやすかった」
 それくらいの気合を持って望めばいいのでしょうが!

 去年の気象条件は最低気温6.8度、最高気温14.5度、平均気温10.6度、走るには高すぎず低すぎず、ちょうどいいくらいではありました。
 ただ、降水量が23.5mm、平均風速が4.6m/s、風速1m/sにつき体感温度は1度下がるといいますし、雨に濡れた身体とも合わせて……、やっぱ稀にみる過酷な条件でしたが(ワタクシは体感してません……)。

 過酷な気象条件で走るときの鉄則はやはり、動き続けること、でしょうか。
 多少雨風があっても、走っていれば自分のハッスルエネルギーで温かく過ごせることは皆さん承知していることと思います。
 たしか、消費するカロリーのうち、4分の1がエネルギーとして活用され、4分の3が熱として発散されてしまうとか。
 体重1kgにつき、1km走ると1kcalが消費されるとのこと。
 65kgのワタクシですと、10kmで650kcal、うち熱が487kcal、皮算用では1時間で10km走りますから、487kcal/h、暖房器具でお馴染みのW(ワット)で表すと487×1.162=566W。
 ちょっとした電気ヒーターくらいの熱を自分で発しているってことですね。

 ただ、速く走れば温かいからといって、ハイペース過ぎては疲れて走れなくなってしまいますし、発する熱は休んだりペースダウンしたりすると減ってしまいますから、できるだけ休まないように、ペースを落とさないようにスタートからゴールまで走り続けることが必要になります。

 ゴールまでペースを落とさず確実に走る方法。
 何度か経験のあるマラソンでしたら、これくらい、ってのはなんとなくわかりますが、ウルトラの後半はなんせ初めてですし、はたして……


ウルトラ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。