--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/17.Mon

朝練・根子岳


 通信が復活してくれたような……

 信州トレイルマウンテンさんの朝練企画「須坂~米子~根子岳~峰の原~須坂」に行ってきました。
 午後から用事が無かったら遠出していたところだけど……

yonago.jpg yonagob.jpg


 カシミールで測ってみると距離34km、累積標高差は1900m。おんたけスカイレースが35km&2400mですから、ベースの標高差も含めて、だいたい三分の二くらい。二週前のトレーニングになったから、まあ、いっか!

 メンバーはトレマン店長にOさんにTさんにワタクシの4人。
 須坂・湯っ蔵んどを出発して米子の滝までは林道の登り。それからは登山道を、いつもとは反対側から根子岳へ向かって登っていきます。

CA3A0056.jpg


 登山道は樹林&笹ヤブで、いかにも野生動物がコンニチワしてきそうな気配なので、鈴は必須です。道幅は細かったり、広かったりと様々でしたが、この季節は左右からの野草が繁茂しているので、足元が見にくかったりするのでちょっと注意する場所もありました。

CA3A0076.jpg


 林の中を登り上げて、2000mを越えたあたりからは立木が少なくなって笹原の、お馴染みの根子岳の光景になります。そうなると、小根子、根子岳山頂まではもうすぐです。

CA3A0092.jpg


 山頂で一休みした後は長ーい下山です。小根子の分岐まで戻って、峰の原に向かい、そこからは大笹街道を延々と須坂まで下ります。

CA3A0109.jpg


 この道は、有名なコースなのかな? 道端には距離標もありましたし、群馬の高校生が合宿のトレーニング? で軽快に登っていました。

 ワタクシたちは、休憩を含めてトータル5時間30分の行程でした。噂に聞くトレマン店長の「開店前の早下り」を体験できましたし、仮想・おんたけで登り下りで追い込んでみたり(やっぱマイペースが一番とわかりました……)、いいトレーニングになりました!

 しかし……、5時間の行程でしたが、先日の10時間超のSFMTの試走を経験していたからか? まだ体力は残っていた感じです!
 どこかの雑誌で、TJARの田中さんの「TJARを経験しているとハセツネが50m走に感じる」とかなんとかコメントを読んだ記憶はありますが、それほど極端ではないにせよ、やっぱり身体は馴れていくみたいですね。精進、精進!


スポンサーサイト
登山&トレラン | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。