--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/24.Mon

北へ!


 先週末、ワタクシは菅平でしたが、お知り合いのブログには北ア山行の記事が……

 おんたけの1週前ということで、あまり激しい山行をするのもなぁ、と思って自重してましたが、やっぱ、この時期、行けるときに行っとかないと、(うらやましくて)、ストレスが溜まってしまいますね!
 今週末はスカイレースですが、来週は絶対に高いところに行くぞ! と決意を固くして、どんなコースで行こうか悩み始めてしまう今日一日でした。

 とりあえず、森林限界を越えて長く楽しんでいられそうなところ。
 先週甲斐駒に行って、延々と森林の中を歩いてきたので、今度はその上で楽しみたい! というのが目下の志向です。
 お日頃としては針ノ木~読売新道の赤牛岳プランが良好なのですが、これって林の中の登下を長くすることになるんで、今日は決行に二の足を踏んでしまってるですよね。

 そこで急浮上したのが、赤牛岳の第二プラン。

27-30a.jpg 27-30b.jpg


 去年やった水晶日帰りの延長ですが、このコースの最大の利点は、稜線に乗ってしまえばあとはずっと2700m以上の空の下を楽しめること!
 総距離が50km、そのうち30km以上が森林限界上の世界!

 赤牛岳まで行って帰って、(ついでに鷲羽岳まで行っちゃおうかなー。烏帽子岳にも行くか? ムリムリ)、という欲張りなプラン。
 稜線を三ツ岳まで行ってしまえば、あとは高低差がプラマイ200mに収まってしまうというすばらしいスカイランニングの世界になる……予定。

 まあ、半分以上行ったことがあるが場所なんで、目新しさには欠けますが、嫌になるほどアルプス気分を味わわなければならないことは請け合いです。

 以上の計画の他に、もう一つ浮かび上がったのは、いよいよ槍ヶ岳にも行ってみようかなあ、というプラン。

tubakuroyaria.jpg tubakuroyarib.jpg



 総距離35kmうち25km以上が森林限界上で、2500mを下りません。

 こちらはぐっと現実的なプランで、日帰りで「楽しむ」にはこれくらいのスケールがいいかなあ、とは思います。
 燕にしろ、大天井にしろ、槍にしろ、ワタクシ的に全く未知なルートなのも楽しめそうなところですね。
 憧れの(ワタクシ的にそれほど執着はないのですが)槍へ!

 再来週末(9月5、6日)、どちらかに日帰りで赤牛か槍へ一緒に行ってくださる方はいらっしゃいませんか?
 このどちらも日帰り前提です。

 土日か金土に泊付きで行きたいなあ……、とも思いますが、来月アタマは出荷の初動時期と重なってるのが無念!
 たぶん再来週になれば行けるかなあ? もし泊付きなら、目指す先は薬師岳の一択!
 折立から日帰りすればいーじゃん、て意見もありますが、ワタクシ的には長野県から向かいたい、という妙な決意があるのです。
 甲斐駒から千丈岳のカールを眺めて、(薬師岳に行きたいなあ……)、と思ってしまった罰アタリなワタクシでありました。



スポンサーサイト
山行計画 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
西穂・奥穂間はトレランの真骨頂です!
昨夜寝てしまい、朝ブログ、アップしようと思ったら、メンテナンス中でした。
気になっていたジャンダルム間、トレランスタイルの真骨頂です(店長の言う通りです)。独標から奥穂までは走れませんが、(今回、自分は北穂まで足を伸ばしたので、その後は走らないと最終バスに間に合わなかったので)、それだけに奥穂から岳沢で降りてしまえば、疲労は出ないのでは?
お奨めです。
>
詳細記事、待ってます!

実はまだ、上高地って行ったことないんですよね。沢渡からバスかタクシーで入ることは知ってますが……
穂高岳も魅力的な山で、ネット上の山行記録を調べて、「穂高~槍日帰り」の記事を見て、行くならこれだ! と密かに心に誓っています。
普通に早朝のバスで入って、前穂~槍まで行って最終バスで帰ってくるという……
記事を発見したときは、とてもムリ!と思ってましたが、今ならたぶん可能なんじゃないかなーとか思っちゃってます。
西穂ジャンダルムも面白そうで、初穂高岳をどう行こうか悩むところです……

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。