--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/16.Fri

長野の酒メッセ2009


 そんなわけで、メトロポリタン長野に行ってきました。

 さすがに車で行くわけにはいかないので、電車で長野に。東急の地下でぶどうの市場調査をしたのち、「蕪村」でお昼にラーメン、2時前にホテルに行くと、ロビーには開場を待ちかねた人たちがすでにたくさんいます。
 ワタクシも受付の後、お猪口を貰って、いざ出陣。

 ……で、たくさん飲んできました。
 試飲なんで腹の中に納めるのはホドホドに……、してたつもりでも、つい、つい。
 全71蔵が出展しているうち、40蔵ほど回ってたぶん100くらいの銘柄を味わいましたが、会場は試飲のみで舌を休めるものがなかったので、慣れないワタクシの舌は疲れてしまいました。
 会場の出入りは自由だったので、途中そばを食べたりおやきを食べに行ったりしてましたが、さすがに……

 お目当ての北安醸造さんはいの一番に行ったので、舌の記憶もばっちり……?
 3種飲みましたが、どれもやさしくまろやかな味わいで、舌にじんわりと乗ってくる感じが印象的。「北安大國純米吟醸原酒」は、当日飲んだ中でも3本の指に入る美味い酒でした。
 久保さんは、1番お気に入りとか言ってましたし、もしかすると、アスリートに好まれる味わいなのかも?
 HPで確認したら、720ml1680円、500本限定。日曜には大町へ行くので、帰りに酒屋によってかないといけませんね!

 他で特に印象的だったのは、漆戸醸造さんの「井の頭純米吟醸」、丸世酒造店さんの「勢正宗」、伊東酒造さんの「横笛純米原酒(?)」、それぞれ違った味わいの個性的なお酒たちでした。

 これだけ飲んで、1000円ですから、来年もぜひ行きたいところ! ではありますが、来年はあっちこっち飲みわたらずに、せいぜい5蔵、どんなに多くても10蔵くらいにして、一つ一つインターバルを置いてじっくりと味わいたいものです。
 むこう10年くらいの計画で全蔵回るくらいの気持ちでいけば、たぶんじゅうぶん満足できる試飲になるんじゃないかな?

 あ、あと、行くならやっぱり5時までですね。仕事帰りの皆さんがやってくると、会場はとても込み合うので、できれば開場直後に行って5時には帰ってるくらいが、各蔵の方々にお話もゆっくりと聞けて楽しい酒メッセになると思います!

 そういえば、11月にはたぶん同じ会場でワインの試飲会もあるとか。なんせぶどう農家ですし、ワインぶどうも作ってますし、やっぱそっちも行かなきゃかな……
 

スポンサーサイト
日記 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ご来場ありがとうございました
いの一番で来て下さったんですね。
ありがとうございました。

100種類とは!呑みまくりじゃないですか!

これで大町マラソンもバッチリですね。

日本酒やワインのような醸造酒は、年による違いが大きいので、毎年行くとその年の傾向がわかるようになって面白いですよ。

>
今日はお疲れさまでした。
マラソンの帰りに、杜氏さんのお作、入手してきました。

翌年には前の年の味を忘れてる気はしますが、これから新酒が出たら必ず買うつもりです!(もちろんそれ以外も……)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。