--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/02/22.Sun

信州トレマン 長野マラソン練習会

 信州トレイルマウンテンさんの企画、長野マラソンの練習ツアーに行ってきました。

 前夜はみぞれでしたが、朝起きてみると我が家の周りは5センチほどの積雪! 軽く雪かきをしてから出発します。
 幸いにも長野市内での積雪はごくわずかで、普通のランニングシューズで問題ない状態、でも……道路が凍ってます。
 ××kmくらいで交差点でブレーキを踏むと、ABS効きまくりで白線より1mほど進入……
 それでもまあ、無事に集合場所のMウェーブに到着します。

 車を停めて外に出ると、さ、寒ーい。
 時間ギリギリに着いたので、出走準備をしていると店長さん他、参加者の皆さんも集まって、さっそく出発です。トレランツアーでご一緒した方、忘年会以来でお会いした方、本日初見の方、さすがは長野マラソンに向けたツアーだけあって十数名の大所帯。
 と、ここで集合写真があればよいのですが、デジカメ忘れてました。そんなわけで、AllSports係・うさ吉さんブログに写真がたくさんありますので、そちらでご覧ください。記事もたいへん面白いです!

 まずはMウェーブを一周、もちろん歩道も凍ってます。蹴ろうとするとツルリ、カーブで曲がろうとするとツルリ、なんでもないところでツルリ。道路に出て、五輪大橋に向かって走っていくと、事故車。どうみてもノーマルなタイヤの車がお尻をふりふり走ってたりして、身の危険も感じてしまいました。

 集団の先頭はこのツアーの企画者・須坂のサブスリー剣士ぎっぺさん。目指せサブスリーのワタクシの目標で、先日の勝田マラソンでは軽く(?)3時間数十秒とか。
 五輪大橋を渡ってホワイトリングから千曲川の河川敷に向かいます。ときおり飛ばしてくる車(進入禁止でなかったっけ?)にヒヤヒヤしながら、ほとんどキロ6分ほどで一団は進みます。
 これでフルを走ればサブフォーですが、さすがはトレマンツアーのペースで、おしゃべりしながらの走りです。

 ルートはその後、千曲川を岩野橋まで遡上してから松代大橋に逆戻りします。追い風を受けて走りながら岩野橋を渡ると、向かい風。しかも、かなり強い。
 1時間後くらい、帰り道の五輪大橋での風速表示は「9m!」、-1度表示でしたから、体感温度は-10度くらいですか。最大瞬間風速は、横からあおられてふらつくくらいでしたから15mはあったような。

 強い向かい風の千曲川河川敷を下って、松代大橋から南長野運動公園への直線になると、とつぜん先頭がペースアップします! それまでは5分強のペースでしたが一気に4分前半?へ。運動公園の交差点を過ぎるとさらにアップ! またアップ! ついには3分台でラスト数百メートルを駆け抜け、公園西側のゴール地点に向けて走りきります。
 ワタクシはもう全力疾走でしたが、そんな中、颯爽と先団を差しきった紫ジャージの若者が……(県縦断駅伝に出走してるとか、速いわけだ!)

 さすがにサブスリー以上のペースでラストスパートがあっては、最後まで一団というわけにはいかず、三々五々ゴール地点に向けて走ってきます。でも、見たところ皆さん23kmを完走しているようで、体力レベルは高い!

 しばし休憩の後、復路約11kmのスタートです。そういえば、速く到着した人は長く休憩できても、後に到着した人は休憩時間が短いのですよね。ツアーの際の難点ですが、息は整っていたのでしょうか?(ワタクシたちは寒いくらいでしたが……)

 まずはゆっくりペースの方たちから、速いメンバーはしばし遅れて、さらにゆっくりとスタート……のつもり。
 さすがに23km後はバテている方もおられましたが、ほとんどの方はまだまだ体力が残っているようです! 南長野運動公園から、松代大橋手前で河川敷に、しばし川を下っていると、超ウルトラランナーabu8kkkkさんさんらの一団が。ワタクシは一緒に走ってたうさ吉さんがペースアップしていたのに合わせて、一団を抜いていきます。

 復路ですから、Mウェーブまで行けばおしまい! なので、河川敷からホワイトリングへの降り口の下り坂からペースアップして、さらに前を走っている方たちを目標に、野獣の目で追い駆けていきます。もちろん頭の中に流れているのはあの曲「eye of the tiger,Its the thrill of the fight,……」、一人勝手にレース・モードです。

 どうも自分の性格を鑑みると、追い込みタイプのようです。大町マラソンの時は、最初の5kmは様子がわからずゆっくり入って、あとはペースを上げる展開。前に目標があるとハッスルして追い抜いていきましたが、35kmあたりから、かなりバラけた様相になったとたんに疲労が表れて足が重くなってしまいました。

 ホワイトリングのあたりでO田さん発見、信号待ちでちょっとお話してから走り始めます。あと何人かなー、と思いながら五輪大橋でMr.豊野(ごめんなさい、お名前忘れてます)発見、学生時代は3000mランナーだったということで、現在もさすがのペース。心理学の問題かどうかは定かでありませんが、往路の集団で先団にいた人たちがやはり前の方に走ってます。さらに前には……

 五輪大橋から降りて、Mウェーブへの最後の直線でとうとう店長に追いつきます。ロードはあまり走ってないとのことも、さすがに山で鍛えられたスタミナは十二分。自分で経験してない身で言うのもなんですが、サブスリーをねらうべき走力でしょう! トレイルランニングでサブスリー達成! なんてお店の良い宣伝になるのでは?

 残るは「紫のジャージの人」、でも、Mウェーブまでの道を遠望してもその姿は見えません。もう残り1kmは切ってるし、到着してるよなー、と思うととたんにファイトがしぼんでしまいますが、ラストスパートのつもりでダッシュ! 体感的にはキロ4分切ってるかなー。駐車場にゴールすると、やっぱ紫のジャージの人は先に着いてました。
 そういや、ZEKEさんはどこにいたんだろ? 前の方にいたはずだけど。

 往路23km半、復路11km半で、トータル35km。走ってた時間は3時間15分くらいでしょうか。一日にこれだけ走ったのは、一月の善光寺LSD以来の一ト月ぶりですね。その前は大町マラソンの42.195km。
 20kmチョイのjog、LSDは今年から週1くらいでありましたが、おしゃべりしながらLSDしたり、(勝手に)レースしたり、は楽しくて疲労度や達成感がまるで違います。35kmでも、気分的には20kmのjogより爽快でした。

 サブスリーに向けてぎっぺさんに秘訣を聞こう、という当初の目的はあまり達せずじまいでしたが、ワタクシ的には山ツアーに匹敵する楽しさがあった半日でした! 長野マラソンまで二タ月を切って、もう2回くらい練習会開いてくれないかなー、と他力本願で書いておきます。

 今回参加された皆さん、都合悪く参加されなかった皆さん、またの機会に是非会いましょう!


スポンサーサイト
ランニング | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
おつかれしたー
あいかわらずやまとうまさん元気ね!
飛び跳ねてたし~。v-30
私は帰り道、中間グループで、うさ吉さんや、ぎっぺさんと一緒に走ってきました。
確かに後半の帰りのほうがペース速かったですね。
先頭集団はそんなに飛ばしてたのね、
全然見えなくなってましたね。
よかった、着いて行ったら、たぶん失速してたよ(笑

>
元気なときは元気で、元気がなくなると急降下して這い上がれなくなるワタクシです(昨年の浅間山ツアーのときも……)
ZEKEさんは中間グループにいらっしゃったんですね。長野大橋あたりでそれらしいランナーが道路の反対側を走ってたのは違ったのね。
いずれまた、ツアーやお店で会える日を楽しみにしてます!
LSDお疲れ様。
みんなのブログを巡回したけどとても楽しそうでうらやましいな。次回こそは参加するぞ。
>
今日トレマンHPを見たら、8日と22日に計画があるみたいですね。
どちらも出たいけど、ワタクシ23日に人間ドックあるのよね、追い切って大丈夫なんだろうか……
ま、気にしないで参加するつもりですが。

1日の乙妻に行けないそうで、残念です。また、休日候補がありましたらメールください。
火曜にでも休めたら、トレマン店長誘ってどっか行きましょう!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。