--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/11.Mon

白馬乗鞍!

 行ってきました。

 天狗原からの白馬乗鞍東面です。

hakunori40.jpg


   *

 きろく

 三連休の最終日はデルスーさん、W貫さん、虻蜂さんと白馬乗鞍バックカントリーへ行ってきました。

 先週は週間天気予報で一喜一憂する日々が続いて……、当初は晴れマーク、次第に曇りマーク、ときどき雪マークもついたりしながら、前日の予報では一日曇り。まあ、雪が降るよりいいかなー、という気分で朝、白馬村へのトンネルを抜けると……
 くっきりと見える北アルプスの山々、なんか晴れてる!
 携帯で天気予報をチェックしてみると、栂池高原スキー場で一日晴れマークです!

 8:00運転開始のゴンドラに、ちょっと準備にあたふたしながらみんなで乗ったのは8:30ころ。
 雪面一番乗りには間に合いませんが、先行者がラッセルしてくれてるし……、とワタクシは後ろがわに前向きな気持ちです。
 さらにリフトを一本乗って、BCスタート地点の林道に付いて歩行準備。記念撮影(ワタクシは手袋……)をして出発したのは9:07。

P1110031.jpg


 先導するデルスーさんは、さすがに馴れたものでうねうねする林道をショートカットして登っていきます。早稲田小屋、?小屋、と通過して成城小屋に着いたのが9:47。
 小休止の後、尾根伝いに天狗原へ向かいます。

P1110038.jpg


 夏道沿いに?少し尾根を行くと、疎林の滑走にも楽しそうな斜面を登って天狗原へ。スキーは斜登を繰り返していきますがスノーシューなら……、真っ直ぐ登れないことはないけど、踏み跡があるので楽な方へ行きます。
 ひと登りするとだだっぴろい天狗原の雪面。そして、白馬乗鞍の圧倒的な大斜面!
 祠に到着(11:02)して小休止していると、先行された方々が東面南端の真っ白な斜面に滑り降りてきます。いいなー。

P1110070.jpg


 そして、いよいよ白馬乗鞍への最後の登りです。
 全景の真ん中右にあるジグザグのトレースをたどって行くと……、だんだんとスノーシューにはきつい雪に。
 ワタクシのアトラススノーシューはスキーの幅より断然広いので、四分の一くらいラッセルしながら、表面積が小さいぶんだけ沈みやすいので、ところどころズボズボ踏み込みながら登っていくことになります。
 それでもノートラックからと比べればとても楽なものですが。

P1110075.jpg


 ひろーい白馬乗鞍の山頂面に着いて、ケルンのある山頂標についたのは12:11でした。

P1110082.jpg


 山頂で大休止……、の予定でしたが、私たちの到着を待っていたかのように風が強くなってきました。
 デルスーさんの沸かしてくれたお湯でカップラーメンを食べて、早々に出発です。

 とうとうお楽しみの滑走! と、ここで二手に分かれます。
 デルスーさんとW貫さんは真ん中あたりの斜面から天狗原経由で下りてくるルート。
 虻蜂さんとワタクシは南よりの斜面を自然園の方に下りていくルートをとります。
 さらに虻蜂さんとは自然園で合流することにして、ワタクシは天狗原の南をかすめるように適当な斜面を選んで、滑走開始!(12:57)

P1110092.jpg


 すると……、げ、平坦だ。
 ボードは止まってしまうと外さなけりゃ移動できないので、平坦な場所は鬼門なんですよね。
 勢いつけて行けるか? と思いきや、縁まであと数メートルのところでストップ……
 ゲレンデなら反動で進むこともできますが、新雪の上じゃ、無理。
 しょうがないのでボードを外して、腰まで埋まった……、雪の上を数メートル泳いでから、再び滑走。
 自然園は平らな場所なので、また途中でストップ。今度はスノーシューに履き替えてビジターセンター(雪で埋まってる)まで移動して合流します。(13:30)

 ふり返ってフォールラインを眺めてみると、虻蜂さんが滑ってきた枝尾根北側の斜面は自然園まで続いてるみたいで、そちらを滑るのが正解でした……

P1110094.jpg


 自然園からゲレンデまで、虻蜂さんはロープウェー下を滑っていくとのこと。
 ワタクシは……、地図を見ると、とてもボード向きとは思えない谷筋なので、セオリー通りに林道から帰ることに。
 林道には高速道路が開通してたのでその上を滑ったり、途中でショートカットして斜面を滑ったりしながら、あっという間にゲレンデに到着。
 さらにゲレンデを下まで滑っていきましたが……、こちらは異様に長い時間に思えました。(14:10)

 終了後は、白馬ハイランドホテルの温泉に移動してのんびりと過ごしました。
 たまたま行った温泉ですが、白馬村の東側斜面にあるので、露天からは白馬三山の眺めが絶景!
 スキー場方面とは反対側にあるので混んでおらず、とても良いお風呂でした。

 今回初めて行った白馬乗鞍、さすがはバックカントリーの聖地と呼ばれる(?)だけあって、サイコーの場所でした。
 天気にも恵まれすぎましたし(雪が融けるので曇ってたほうが良いなー、とかバチあたりな事言ってました)。
 今度行くなら……、白馬乗鞍まで行ったらすかさず自然園まで滑り降りて大休止、時間があったら天狗原まで登り返してもうひとすべり、て感じかな?

 とまれ、デルスーさん、W貫さん、虻蜂さん、楽しい一日をありがとうございました!


スポンサーサイト
バックカントリー | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
お疲れ様、ほぼ最高のコンディションでしたね
ケルンのところでは強風でしたが、あれが普通ってもんでしょう。あとはかなりの好コンディションと言ってよかったのではないでしょうか。
最後、沢筋へ行く前に地図を見ればよかったと、反省。どうりでみんな行かないわけだ。
また、行きましょうね。
>
 昨日はありがとうございました!
 ビジターセンター近くで休憩していた方たちがいたけれど、あれが良い姿(?)でしたね。
 さすがにこの時期、山頂で大休止は気が休まらない……
 また、よろしくお願いしまーす。
Hぐちです。こんばんは。
昨日は北アルプスもひざしぶりに晴れましたね~。
御仲間で白馬乗鞍の大斜面を愉しんできたんですね。 私は前日から爺が岳東尾根で雪に塗れて終日膝~腰のラッセルしてました。頂上にはとても届きませんでしたが 降雪後の雪が美しい時に誰一人として入ってなく おかげで雪やブナや・・山や自然と一体の時間を過ごすことができました。よいトレーニングにもなったし・・・。気をつけて山を愉しんでください・・。
>
11日はこの時期、何日もなさそうな?好天でしたね。
Hぐちさんは爺ヶ岳でラッセル……、ワタクシにはちょっとできない過激な山行です。
お気をつけて山を愉しんでください……。
最高の1日
11日にしたのは、やまとうまさんのブログで「11日は晴れそう」というひとことに後押しされました。おかげで雪も景色も最高の1日になりました。
頂上の強風は辛かったですね。カップラーメンは天狗原で食べるべきでした(^^)

>
10日に計画されてなくて、良かったです(^^
帰ってきてから、地図やルート図を眺めて、さっそく次回のフォールラインの計画を立てています。
素晴らしい場所につれてってもらって、ありがとうございました。
ありがとうございました
最高の一日でした。パワフルな3人に迷惑をかけるかと心配していましたが、無事に楽しめて最高でした。次回は、自然園のほうへ行ってみたいところです。
>
先日はありがとうございました!
何度でも行きたくなってしまう場所でしたよね。またよろしくお願いします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。