--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/19.Tue

佐渡山BC


 *下にきろく追記

 おなかがなんとか治ってくれたので、佐渡山へスノーボード背負って行ってきました。

 日曜のトレマンツアーでとても立派な道ができていました、本当にありがとうございました。

 山頂からの東西南北の景色


P1190037.jpg

西
P1190031.jpg


P1190052.jpg


P1190044.jpg


 良い天気でした。

 あまりに良い天気過ぎて、午後(黒姫山南面)にはシャバシャバの春の雪でした……



きろく

 行動時間や斜面の様子などをば。

 P大橋0700、佐渡山0915-35、(滑走)、標高1500mくらい1010、大ダルミ1115-1130、黒姫登山道尾根1700mくらい1230、(滑走&登り返し少々)、P大橋1310


sa0119.jpg


 赤が歩いたところ、青が滑った(歩かなかった)ところです。


 朝、0630ころ大橋到着、車の温度計は-12度……
 ちなみに、さほど離れてない奥社では-6度。鳥居川に周囲の冷気が集まってくるので、大橋あたりはとても寒くなります。

 準備して0700ころ出発。林道には一昨日のトレマントレースがバッチリついていて、ヒジョーに歩きやすい。佐渡山までこれ追ってきゃいいやー、とニンマリする。
 先行された単独のスキーヤーは黒姫に向かったらしい。小黒姫行くって言ってたけど……、いいなあ。

 トレースを追って尾根に乗り、一気に佐渡山の稜線へ。風も少なく、とても良い天気で視界も良好。
 ここらで疎林の斜面を一本……、と思ったけど、黒姫まで行こうかなー、と考えてもいたので、ガマンして山頂へ(滑っとばよかった)。
 大橋から2時間20分くらいで佐渡山山頂。ラッセルがあればゆうにプラス1時間はかかっていたので、トレースに大感謝。
 北信五岳の内側からの大展望を眺める(上写真)。
 海は雲海の下で佐渡は見えなかったけど、飯綱の右肩にF山が見えました。

 休憩の後、いよいよ東北斜面の滑走。
 佐渡山東峰と本峰の陰になってほぼ一日中日陰なので、雪質は良好。
 山頂のすぐ東からドロップして、東側へトラバース気味に下り、適当なところから北東方向へ。
 下部に行くと谷の西よりに沢のギャップ(深さ1~2m)が出てくるので、上の方で渡っておきたい。
 疎林の斜面なのでワタクシのヘタなボードでも楽しく滑れるけど、下のほうで傾斜が平らになってくるところは注意しないと止まってしまうので要注意。
 東峰の北尾根末端まで滑りたかったけど、少し手前でストップ。

 ボードをスノーシューに履き替えて、黒姫へ移動。
 佐渡山の登りでラクをしたせいか、おおむねひざ下くらいでしたが、ラッセルが大変……
 黒姫の外輪山北へ周りこもうかなー、とも思ってたけど、すぐにヘタレて大ダルミ経由に変更。
 1時間強で大ダルミ、ちょっと休憩して黒姫の登山道尾根を目指す。

 大ダルミからはトラバース気味に尾根を一つと谷を一つ越えると登山道のある尾根。この谷筋も広くて滑るのに良さそうな感じだった。
 登山道尾根に乗ってから、少し標高を稼ぐ。
 あまりに天気が良くて、雪がぐさぐさする感じで、テンション急降下……
 外輪山下200mくらいが開けた斜面なのだけど、そこまで登っても楽しくなさそうなので林を越えたあたり(1700mくらい)で引き返すことに決定。

 登山道尾根の南側の谷筋(ちょっと林が密なところも)を滑って、傾斜がなくなってきたあたりで登山道に登り返して、林の中を林道へ。
 天気が良すぎて、ジャリジャリ言い始めた雪は春みたいで……

 林道はボードでも大橋まで止まらずに行けます。

 滑り終わった後は温泉! で、むれ天狗の館へ向かったのですが、火曜は休館だった……
 戸隠へ戻るのもシャクなので、市街へ下ってサラダパークのところにある温泉へ。
 泉質は良さそうだったけど、湯船が狭くて、地元の爺ちゃんでにぎわっていたのでゆっくりできませんでした。



スポンサーサイト
バックカントリー | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
天気良くて羨ましいーぞ
こんなに良い天気の日行けて良いな。
北側の東側に私の跡ありましたかね?
佐渡山色々と楽しめそうです。乙妻山の前座ではかわいそうだ。でもやっぱり前座かな?
詳細レポ、待ってますね。
>
山頂あたりは風でパックされてまっさらな状態で、跡はわかりませんでした。
佐渡山は、シーズン初めの足慣らし&行く場所を決める、のにちょうどいい場所ですね。すばらしい眺めです。
スキーなら機動力があるので、黒姫の火口原へ周りこむコースをおすすめします。
行動パターンが似ている!!
自分も佐渡山登っているとき、一本この南斜面滑ろう!と思いつつ、登りかえしを嫌いました。
やまとうまさんの大ダルミまで滑る予定でしたが、シールつけたくなかったから、・・となった。
滑るためには登らねばですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。