--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/10.Wed

New心拍計

 新しい心拍計を買いました。スントのt3cです。
 ガーミンの高いのとかポラールの高いのとかスントの高いのとか、高度計とかGPS付きの物がとっても欲しかったのですが、お財布に余裕がないので必要最低限、てことで。

 これまで使ってた○ビオで安売りしてた3000円のは、ラップが9つしか測れず、センサーの接触が悪くて測定もかなり不安定だったので、前から新しいのが欲しかったんです。
 やっぱ新しいのは快適で、ぶれずにしっかりと測ってくれてます。バックライトが付いてくれてて、夜ランのときにも逐一ラップや心拍数を確認できるのがありがたいところですね。

 んで、なんという偶然か、昨日たまたま立ち寄ったところに「マフェトン理論で強くなる」という本があったので、ざっと立ち読みしてきてしまいました。

 マフェトン理論をご存じない方にものすごくざっくり説明しますと、(180-年齢)を上限に-10の範囲での有酸素運動でトレーニングすること、がメーンの考えになってます。
 他にもいろいろと要件、というか決まりがあって、アップ&ダウンをしっかりやること(それぞれ15分かけて徐々に心拍数を上げる&下げる)、故障予防の観点からストレッチは好ましくない(稼動領域が広がりすぎるため)、食事は炭水化物40、脂質30、たんぱく質30の割合で(一般的な人は炭水化物を摂取しすぎてるらしい)、日常&運動中に水分をしっかり摂ること、よく寝ること、……まだなんかあったような。
 こんな感じの理論です。

 心拍計を新調したときにこんな本を読んでしまうなんて、これからマフェトン理論でトレーニングしろとの神様のお達しかしらん?

 実は以前からマフェトン理論は聞きかじっていて、(180-年齢)の公式は参考にしていたのですが、やっぱ、どうしても心拍数を上げる練習をしなくちゃいけないかなー、と思ってしまうんですよね。
 アップ&ダウンはテキトーですし、目下ストレッチを精力的にやってますし、炭水化物はたくさん摂ってそうですし……

 うーん、悩むところです。
 長野まで日がないんで、それから……かな?




スポンサーサイト
ランニング | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 五連荘 | HOME | 大池林道 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。