--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/21.Wed

長野マラソン! 2


0-5km  20:27(159)

 今年は陸連登録してあったので、陸連ブロックへ並ぶ。8時10分頃で前には200人くらい?
 スタートイベントのち号砲! スタート地点まで手元で17、8秒だった。

 最初の1kmがちらっと見た記憶で4:23、初めはアップのつもりなので、ロスを考えると良いタイム。

 1kmあたりで沿道の歓声とともに集団が追い抜いていった。なにかなーと思ったら、猫ひろしだった。ワタクシはキロ4分くらいで走っているのだけど、圧倒的に速い。3分40秒くらいで走ってるような……
 中心人物は大きくない身体をいっぱいに使って、ホントの猫のように走っていった。あれじゃフル耐たないだろー、と思った。

 陸連で並んでたおかげで、最初に曲がったあたりからすでに周囲の人はまばらで走りやすかった。


5-10km 19:48(163)

 コース中、いちばんアップダウンの多い区間。
 善光寺への登りは、無理せず歩幅を縮めて登っていく。ペースが落ちても、すぐ後の下りでプラマイゼロになるので。
 中央通りの応援はやはりスゴイ!

 10kmの手前あたりで、猫ひろしの集団を追い抜く。


10-15km 19:39(162)

 去年も思ったけど、ここはイマイチ特徴の感じられない区間。

 ペースが同じくらいな何人かと前後しながら走っていると、ペースの速い人に追い越されていったりする。

 堤防から下って15km、時計を見ると60分を切って、キロ4ペースに追いついていた。


15-20km 19:46(161)

 Mウェーブ前後はすれ違いコース。
 まず先行する方たちとすれ違い、Mウェーブをぐるっと回って、後続の方たちとすれ違う。

 余裕があったらお知り合いを探すところだけど……、今年はこの区間が一番苦しかった。
 まだ先は長いので、とにかく体力の温存を心がけて、直線では目を瞑って走る。重心を前にかけて、脚が自然と前に出るイメージ。


20-25km 20:01(159)

 五輪大橋に登って、北アが眺められるようになると少し元気が出た。

 橋を下って、舗装がジャリっぽいところが走りにくかった。

 ホクトで折り返し、姿は気づかなかったけど、たきヤングさんの声はわかった(^^


25-30km 20:01(161)

 ホワイトリング通ったっけ……?

 舗装が新しくなってた。

 更埴橋で今年もオカリナの方たち。

 20-30kmのあたり、記憶が断片的。


30-35km 20:01(164)

 30km手前、セブンイレブンで曲がったあたりから、急に記憶がはっきりしてくる。

 30km過ぎれば、あと12kmでゴールだ。
 去年は30km過ぎからペースアップしていったけど、今年はちょっと不安だったので、残り10kmになったら頑張ろう、と思った。

 32kmの交差点を過ぎて、少し行ったらエイドがあったような? Qちゃんもそのへんにいたような? ことを思い出したので、そこから頑張ることにする。
 Qちゃんには会えなかったけど、エイドがあったのでジェルも補給して気合を入れる。

 33kmあたりでイナダさんに声をかけられる。

 岩野橋を渡ると35km点。


35-40km 20:04(167)

 長らくやってた工事が終わって、舗装がキレイになってた。のり面の菜の花は、今年は下の方だけ。

 向かい風が吹いてたけど、心地良かった。
 前にいる人を目標に、一人ずつ追いついていく。

 赤坂橋を下ってからの道路で一人に追い抜かれる。結局その方には最後まで追いつけなかった。

 おぎのや前の交差点を曲がって、いよいよ最後の花道。
 40kmまで少しタメを入れて、最後はとにかく全力でいくつもり。


40km-Goal 08:20(170)

 40km過ぎ、前に5、6人いたと思う。
 その方たちもペースダウンしてないので、追いつけそうでなかなか追いつけない。
 腕ふりを意識して、ピッチを上げて走る。
 直線で2人か3人抜いたと思う。

 スタジアムの端まで行って、曲がって、曲がって、公園の敷地内に入ってスタジアムへ。入るところで1人抜いた。

 スタジアム内の人工芝は新しくなっていた。
 ぼよぼよ跳ねるのが、ワタクシ的には良い感じ、脚のバネが戻ったような気がする。
 ラストスパートで1人抜いて、チアガールの女の子たちをデレデレ眺めながらゴール!


Finish 2:48:07(162)

 男子総合96位。

 去年が197位で、今年は100位以内でゴールできたら良いなー、と皮算用していた。
 去年の100位が47分台、今年は条件が良かったし、厳しいかな? と思ってたけど、ラッキー!
 ちなみに、去年のタイムは今年なら230位台だった。

 リザルトを見ると、46分台、48分台はたくさんいるけど、47分台は一人もいなかった、不思議。
 イナダさんがラストを8:05でカバーして11秒差の100位ジャスト。差し返されるところだった……

 200位→100位と来たからには、来年は50位……、と皮算用する。今年はトレランのウラノさんが39分台で50位だった。
 サブ3→サブ50ときて、サブ40できたら達成できるかもということか……、鬼が笑うのでまた来年の話。



スポンサーサイト
ランニング | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。