--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/11.Tue

野辺山は……


 天気予報を今日見たら……、明日から寒気ってどゆこと!?
 シモが降りませんように、と、切に願う農家のワタクシです。

 寒気は土曜には通り過ぎてくれるようですが、週末の天気予報は雨マークがついてますね……
 去年は稀に見る雨風でしたが、今年もそうなるのかなあ?
 去年の優勝者・ソウマさん曰く
 「涼しくて走りやすかった」
 それくらいの気合を持って望めばいいのでしょうが!

 去年の気象条件は最低気温6.8度、最高気温14.5度、平均気温10.6度、走るには高すぎず低すぎず、ちょうどいいくらいではありました。
 ただ、降水量が23.5mm、平均風速が4.6m/s、風速1m/sにつき体感温度は1度下がるといいますし、雨に濡れた身体とも合わせて……、やっぱ稀にみる過酷な条件でしたが(ワタクシは体感してません……)。

 過酷な気象条件で走るときの鉄則はやはり、動き続けること、でしょうか。
 多少雨風があっても、走っていれば自分のハッスルエネルギーで温かく過ごせることは皆さん承知していることと思います。
 たしか、消費するカロリーのうち、4分の1がエネルギーとして活用され、4分の3が熱として発散されてしまうとか。
 体重1kgにつき、1km走ると1kcalが消費されるとのこと。
 65kgのワタクシですと、10kmで650kcal、うち熱が487kcal、皮算用では1時間で10km走りますから、487kcal/h、暖房器具でお馴染みのW(ワット)で表すと487×1.162=566W。
 ちょっとした電気ヒーターくらいの熱を自分で発しているってことですね。

 ただ、速く走れば温かいからといって、ハイペース過ぎては疲れて走れなくなってしまいますし、発する熱は休んだりペースダウンしたりすると減ってしまいますから、できるだけ休まないように、ペースを落とさないようにスタートからゴールまで走り続けることが必要になります。

 ゴールまでペースを落とさず確実に走る方法。
 何度か経験のあるマラソンでしたら、これくらい、ってのはなんとなくわかりますが、ウルトラの後半はなんせ初めてですし、はたして……


スポンサーサイト
ウルトラ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。