--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/29.Sun

SRC練習会 20km

 今日は高松宮記念。

 晴天なので山に行くテもありましたが、しばらく行ってないとずくが出ません。ちょうど篠ノ井ランニングクラブさんが日曜で練習会をする日でしたから、またまた参加させてもらいました。

 今日のメニューは20km持続走です。ペース設定は各自自由、とのことで、どんなペースで走ろうか悩みます。なんか足が重い感じがしており、本番に向けていまから頑張って、疲れを溜め込んでもしょうがないと思って、MAFペース(マフェトン理論?でいうところのペース設定)で走ることにしました。

 南長野運動公園から更埴橋まで行って、新コースで帰ってきます。MさんやNさんが先行して、ワタクシは4、5番手で進みます。キロ5分チョイ切るくらいかな? さすがに前とはどんどん差が開いていきます。

 そんな感じで淡々と進みましたが、貧乏性なもので、後半はビルドアップしよう、とか思ってしまいました。
 30kmあたりから心拍数を150台前半、35kmから150台後半、ラストの直線は160以上、という予定を考えます。疲労抜きはどこへ?

 30km点、上高相の信号からペースを上げます。すると……、なんか足が重い。いちおう、それまでに10kmは走っていたので疲れはあるのでしょうが、太ももはもったりとした感じです。
 ここですかさずペースを落として……できないのが貧乏性。
「重い足で押していく練習をしよう」
 と、発想を変えますが、あまり良い方向ではありません。

 堤防に出て、岩野橋を渡ると35km点。さらにペースを上げてみます。
 今日、ここまで走ったのが15km(本番は+20km)、心拍数はレース設定、なのに、35km~36km点で測ってみると、4:30もかかってます。ハムの張りは増してきますし、本番に向けた雲行きが怪しくなってきます。
 すると、もやのかかった前方になにやら見覚えのある後ろ姿が……

 須坂の精鋭三人でした。haraさん、ぎっぺさん、もう一方のお名前は……(ごめんなさい)
 天気も良いですし、お知り合いの方たちも走っているのだろうなあ、とは思ってましたが、奇遇に驚きました。
 例の35km練習の途中で、Mウェーブから走ってこられて、Mウェーブへ帰られるとか。やっぱり皆さん、本番に向けて余念なく練習を積まれています!

 しばらく並走してから、ワタクシは37km点を機にラストスパート! の練習。
 少しの間ペースを落としてたからか、200mくらいは足どり軽く走れましたが、赤坂橋で曲がったあたりからはもうグダグダ。
 よせばいいのにスパートのつもりで頑張り続け、心拍数は160超で、オーバーペースです。37km~39km点での2kmラップが8:21、いちおう4:15は切ってますが……

 南長野運動公園にゴール! してから、クールダウンに周りの芝生を2周。ハムの他、膝にもチョット痛みが出てきて、なんだか不安が増した3週前調教になってしまいました。
 走り終わった後、Mウェーブへの復路前のharaさんぎっぺさんと再遭遇。SRCのお姉さんにチヂミを貰って食べたりしてから、家に帰ろうと車に近づきます。

 と、晴天の下で見る車が……なんか白いぞ。
 ワタクシの車は赤です。なのに、白いのはなんでだ?
 そういや、親父が大阪に行くときに車貸したっけ、んで、荒天の北陸道経由で往復したとか言ってたっけ。ということは?

 あわてて洗車してきました……



スポンサーサイト
ランニング | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
日曜はさすがに沢山の人が走ってました。でもそろそろ距離を落とす時期になってきましたね。
>
距離を落とそうか、ペースを落とそうか、それとも今週までは頑張ってみようか、悩ましい時期です。

ワタクシの理性は、疲労を残して本番を迎えるよりも、しっかり休んで多少体力が落ちたとしてもその方が良い、と思っていますが、ついつい欲が出てしまって……

今週末のトレマン試走会は、ゆっくり行くつもりです、が!?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。