--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/10.Tue

道志村へ……



 今週末は道志村トレイルレースです。

 天気予報を見ると、どうやら晴れになってくれそうですが、最高気温が25度くらいあるとのこと。
 標高1000mくらいの尾根がおおむねのコースなので、気温は少しは低くなると思いますが、アップダウンのみならず暑さとの戦いも加わってきそうな予感です。

 そうなると、考えなければいけないのは、補給です。
 水分に、エネルギーに、しっかり考えておかなければなりません。

 先週末に走ったあんずの里トレイル約3時間半で、1.7l背負って行きましたが、周って帰ってくる頃にはちょうど無くなっていました。
 最高気温が23度の日で、鏡台山を下っていたら徐々に暑さが増してきて、鞍骨山から下ではハイドレを口にする機会が頻繁になっていた気がします。

 ものの資料によると、運動時は1時間に500-1000mlの水分を補給せよとのこと。
 道志村の皮算用が5.5-6時間ですから、スタート直後は体内にあるとすれば、必要になるのは5時間分として2500-5000ml。

 道志村のエイド3箇所。2時間後、3時間後、5時間後、にある予定で、去年は

(給水所)道坂峠
コップ1~2杯程度

〈第1関門〉山伏峠
給水(ペットボトル水1本(500ml)・バナナ・チョコ・塩・救護所・トイレ(コースを5分程下った所)

〈第2関門〉道志体験農園
給水(いっぱい摂取可能)・エイド(チョコ)・塩・救護所・トイレ


 てな内容とのこと。

 どう考えても水分はしっかり持っていかなければ足りそうにありません。
 5時間後の第2関門まで、オフィシャルで600mlと見ておけばプラスして必要なのは4時間分の2000-4000ml。
 ハイドレの2lはフルにしていく必要がありそうですが、ボトルの1、2本も持っていくべきか……

 一緒に考えなければならないのは、塩分です。
 おそらくかなり汗が出ることでしょうから、その塩分を摂っておかないとバテてしまいますし、足が攣りやすくなってまいます。

 運動中に、どれくらいの塩分を摂取すべきか諸説ありますが、1時間に1-2gくらい? とすれば、5時間分では5-10gくらい。
 先月のトレマンさんのプチレースで、塩分をほとんど摂っていないで走っていたら、3時間くらいでフラフラになっていましたが、翌週の道志村試走のときや先週末は30分に塩タブ1-2錠(1錠ナトリウム0.1g)ずつ摂っていたら、とりあえず走り続けることはできました。
 プラスしてハイドレ(アクエリアス50水50)からのぶんが、おそらく1時間に0.1gくらい?

 計算してみますと、多めにみても試走やトレの時に摂っていたのは0.5g/hくらい。
 必要摂取量を考えると、かなり足りないことになりますので、レースのときはさらに積極的に摂る必要がありそうです。

 ホンバンではパワージェル(30分に1本摂取)から0.4g/h追加されるので、塩タブを30分に2錠(0.4g/h)、ハイドレから0.2g/hで、1g/h。
 もう少し考えた方がいいかな? 

 エネルギーは……


スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。