--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/09.Thu


 馬が大好きで山ではたびたび鹿に遭ってしまうようなワタクシです。

 大阪では桜はすでに散り始めているみたいですが、今週末は阪神競馬場で桜花賞。いよいよ怒涛のG1連戦が始まるので、ここは幸先よく一発的中したいものであります。ハズレばかりで更新する意欲のなかった競馬記事を桜とともに再開です、ともに散ることがありませんように……

 今年の中心馬は言うまでもなくブエナビスタ。毎レース物凄い末脚を繰り出してきた馬で、女ディープインパクトの異名をとるとかとらないとか。阪神JF、チューリップ賞と、普通勝てないだろ、というような位置と展開から勝ちきってきたあたりは、たしかに図抜けた存在です。

 オッズが2倍を切ることは確実で、単勝はちと買いづらいので、ブエナビスタから連勝を買うか、あえて外して単勝(複勝も?)で狙うか、悩むところです。
 ワタクシとしましては、どんなに強いといっても新馬戦は負けている(相手が強すぎたけど)わけですし、絶対と思われた3歳牝馬が飛んだ過去も競馬には稀でなくありますから、他の馬を狙おうと思ってます。

 選びたいのは外枠から。開催も進んで内の芝は荒れてきてますし、先週のコース変更があってさらに外の馬が来ているように思えます。阪神競馬場が改装されてから2年間の桜花賞で来た馬の枠順は18、14、3、15、18、13、素晴らしく外枠有利の傾向です。

 特に2年連続で連対している18番枠は「二度あることは……」の諺通り、注目に値します。今年は唯一の無敗(2戦2勝)馬レッドディザイア。消極的に人気しそう(2、3番人気?)なのがイヤミですが。

 他、外枠で気になるのは、やはり15のジェルミナル。ブエナビスタには阪神JF、チューリップ賞と完敗ですが、負けるにしても6、5着と負けすぎな気がするんですよね。この馬の能力からすればもっと走っていてもいいはずで、なにか理由があったのかも? 阪神JFは外枠で、チューリップ賞は位置が後ろ過ぎ、ということで今回は良い位置で競馬してくれるものと期待しています。

 1強状態で強い馬が勝つとき、2着に大穴が来ることがよくあるので、ブエナビスタから外枠(7、8枠)の馬にまとめて流すテもありそうです。気楽に好配当も望めそうなので、おすすめです!


スポンサーサイト
競馬 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。