--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/12.Sun

山行計画 高瀬ダム周辺



 長野マラソンがアヤシイ雲行きなので、気分は北アルプスです。

 高瀬ダム周辺はお気に入りの場所になっています。冷静に考えてみると、そんなに良い場所でもない(言い過ぎかな……)と思いますが、ワタクシはなぜか好みなんですよね。


七倉~船窪小屋0600(0600)~不動岳0450(1050)~烏帽子岳0245(1335)~高瀬ダム0410(1745)~七倉0115(1900)

 北アルプスの主稜線でもっとも人気が少ない地帯とか。
 船窪小屋~烏帽子岳間は2、300mのアップダウンが繰り返されて脚に堪える意外にハードなルートで、不動沢崩壊地の淵を通るのはスリルがあります。

 船窪小屋は隠れた人気の山小屋との事で、展望の素晴らしい場所に立ってますし、一度泊まってみたいとは思ってますが……


七倉~高瀬ダム0130(0130)~烏帽子岳0605(0735)~野口五郎岳0410(1145)~湯俣0505(1950)~高瀬ダム0250(2240)~七倉0115(2355)

 いわゆる「裏銀座」コースの一部です。烏帽子岳、三ツ岳、野口五郎岳、真砂岳とワタクシの大好きな花崗岩の稜線で、去年初めて行きましたが、とても気に入ってしまいました。

uraginza.jpg

 高瀬ダムから烏帽子小屋へは「日本三大急登」に数えられるブナ立ち尾根を登る事になります。
 まあ、急は急ですが、危険箇所はほとんどありませんし(大きな岩場、鎖場などもナシ)、標高差は1300mくらいで(早月尾根、黒戸尾根は2000m超)、距離が短い(水平距離で3kmくらい?)ので、荷物の軽いトレランスタイルでしたら驚くほど早く稜線に立つことができます。

 稜線には2500m上の庭園・烏帽子田圃と烏帽子岳があり、南の三ツ岳は展望がとても素晴らしい山で、鯨の背のような野口五郎岳周辺では快適な稜線ランが楽しめます。

 そして、南真砂岳(森林限界最後のピーク)から湯俣への竹村新道の下りは……、長いけど、ほぼ下り(途中100mくらい登るかな?)です。湯俣では温泉に入るもよし、湯俣川で疲れた脚を癒すもよし、ゆっくり休みましょう。

 で、これがなければなあ、と思うのが湯俣からの帰り道、ほぼ平坦(ごく緩やかな下り)の道が15kmもあります。うち5kmがトレイルで、5kmが硬い未舗装林道、5kmがアスファルト。後半10kmはヒジョーに長く感じますし、脚にきます。

 往復が嫌でなければ真砂岳で折り返すルートをオススメします。花崗岩の下り稜線ランが楽しめますし、ブナ立ち尾根の下りでは物凄いスピード感を楽しめます!(もちろん自己責任で) まあ、このルートも最後の5kmはアスファルトですが……


七倉~船窪小屋0600(0600)~烏帽子岳0735(1335)~野口五郎岳0410(1745)~湯俣0505(2250)~七倉0405(2655)

 上記二つを合成したルートです。
 船窪~烏帽子を縦走した後、余力と時間があれば足を伸ばしてみるテも。

   *

赤牛岳

 丑年なんで、というわけではないけれど、目下、ワタクシの登りたい山ナンバー2が赤牛岳なのです。

七倉~船窪小屋0600(0600)~奥黒部ヒュッテ0820(1420)~赤牛岳0700(2120)~水晶岳0250(2400)~野口五郎岳0300(2700)~烏帽子小屋0240(2940)~七倉0525(3505)
akaushi1.jpg akaushi1b.jpg

 今年の山行の中心にしようと思っている計画です。
 七倉から船窪岳を越えて針ノ木谷へ、黒部湖から赤牛岳に登って、水晶、野口五郎と通過して帰ってくるコースで、ヘッドランプは必須になることでしょう。
 針ノ木谷、読売新道、は一度通ってみたいルートでもあります。


七倉~野口五郎岳1020(1020)~水晶岳0310(1330)~赤牛岳0240(1610)~野口五郎岳0550(2200)~七倉0805(3005)
akaushi2.jpg akaushi2b.jpg

 七倉から赤牛岳を往復するルート、コースタイム的にはかなり短かくなるのね。
 累積標高差も400mくらい少なくなりますし、赤牛岳に登るのが目的ならこっちの方にしてもいいかな……。たぶん、日が暮れるまでには帰って来れそうです。




スポンサーサイト
山行計画 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
敢えて1泊して
読売新道から赤牛岳っていいかも?日帰りじゃきついので、というより敢えて赤牛岳かどこかでファーストビバークして、ってのはどうでしょうか?
>
読売新道は登ってみたい登山道なんです。
たしかに日帰りはキツい計画ですし、赤牛岳付近で10時間くらい休憩していくのも悪くないですね!
赤牛1dayの行程はコースタイムで35hですか?
やはり手ごわい。っていうか走破できるのか不安ですね。
>
地図に載ってるコースタイムの計で35hです。実際に行動するとなれば、15h以上はかかるでしょうか。
日帰りなら、朝の3時に出発して、夕方6時以降に到着予定……

てか、1日に15hも行動できません。
この計画には根本的に無理がありそうです。

虻蜂さんのおっしゃるとおり、途中でビバークを入れて(良い場所にテン場がないので)、ついでに鷲羽岳と烏帽子岳に足を伸ばすのも悪くないかも!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。