--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/12.Tue

野辺山へ その3


 いよいよ今週末です。

 なんか天気予報が良くなさそうで、またもや懸念材料が増えてしまいました。
 雨降ってたら、カッパ着て走ろうか、ウインドブレーカーでいこうか……

 ワタクシのウインドブレーカー、内側もしっかり加工されているんで、外から雨通さない代わりに、内の汗もまったく通さないので悩んでしまいます。山で着て走ってると、すぐに汗が内側に溜まってくるのよね。
 それなら、いちおう防水透湿素材を使っているカッパのほうが良いかな? まあ、こちらにしてもしっかり蒸れるのですが。

 それに、その下の服装はどうしよう? 半袖で良いか、長袖にしようか? 途中で替えの服を置いとくべきか?

 雨降ってたらお休みしようかな……

 とまあ、当日までしっかり悩む事になりそうで、不安の多い野辺山ですが、少しくらいは好材料も。

 昨晩、疲労抜きでjog、というかウルトラのペース走(HRT140)をしてラップを計ってみたら、1km5分で走れました。
 計ったのは平坦な場所で、野辺山は平坦な場所が無いという噂の難コースですから参考になるようなならないような……、でも、5分で走れてれば及第点かな?
 ずっと平坦、疲れない、という仮定なら100km500分で走れることになります。

 ただまあ、機械じゃないので、走ってりゃ疲れますし、脚のダメージは必至です。
 昨年、水晶岳に行ったとき、帰りの湯俣から高瀬ダムの約10km区間(平坦)を根性で走ってみたら、1km7分30秒のペースでした。
 過去、あれ以上に疲労して(11時間くらい行動してた)走ったことはないので、目下、ウルトラの後半を思い浮かべるのに最も近い状況です。
 どうやっても脚が動かなくて、あれ以上速く走れなかったからなあ。

 1km5分でスタートして最後は7分30秒まで落ちる、ということですが、逆をいえば、疲れてても7分30秒で走れるということ?
 単純に計算はできませんが、500分~750分の中間点は625分、あと30分どうにかできればサブ10、いける!?

 まあ、天気が悪ければペースも落ちるでしょうし、疲労も速く溜まりそうなので、皮算用になりそうですが、少しは自分を奮い立たせないと!




スポンサーサイト
ウルトラ | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
お天気悪そうなんですか~。
標高高いですからね、風邪引いたりしないように
気をつけて下さい。

今回は応援に行けそうにありませんわ。
>
残念です!

雨は降って欲しくないのですが、馬×は風邪ひかないみたいなんで、たぶん大丈夫?
残念ながら野辺山へは参戦できなくなりました。GW終わってから体調がずっと思わしくないのと、職場がちょうど16日から変わるのでそのため休むことが難しく・・・上田の地から皆さんの力走をお祈りしています!ん~走りたかったなあ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。