--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/02/08.Sun

予想の結果 後出し予想

<予想の結果>

 トータル(1700/6000円)

 2回京都4日 11R シルクロードステークス
◎サープラスシンガー(3人気5着)
 単勝1000円 複勝1000円(0/2000円)


 1回東京4日 11R 共同通信杯
◎トーセンジョーダン(2人気2着)
 単勝1000円 複勝1000円(1700/2000円)


 1回小倉1日 11R 小倉大賞典
◎バトルバニヤン(2人気6着)
 単勝1000円 複勝1000円(0/2000円)


 見てのとおりの悲しい結果、穴馬に期待して外れるのは、まあ、いいとして、人気馬買って飛ばしてるようじゃお先は暗いよなー。コンスタントに当ててかなきゃならない単複ならなおの事です。トーセンが勝つか、もう少しサープラスが粘ってくれてれば……

 愚痴はこのへんにしておいて、外してしまった原因を調べなければなりません。なんで狙った馬が来なかったのか、なんで勝ち馬が来たのか……、得意(?)の後出し予想で検討してみる事にします。




<後出し予想>

・シルクロードステークス
 ハンデの難解な一戦だが、54kgのハンデも陣営は「裸同然」との強気なコメントのアーバンストリートに期待してみたい。
 シルクロードSは連続開催2回目の4日で差し馬が有利なレース。サープラスシンガーが逃げるここなら緩い流れはあるまいし、本命馬は尾張S(サープラスが逃げ)で最後方から最速の上がりで3着に突っ込んできた、ペースの適正は間違いなく合うはず。
 馬は長らく準OPで足踏みしたが、速い脚で差して届かないレースばかり、(上手い)騎手に代わったここは狙ってみたい。上村からの乗り代わりは買い、とも言いますし。
 他も差し脚のある馬に期待する。ウエスタンダンサー、ヘイローフジは魅力だが、ハンデが本命に比べると? 面白そうなのはソルジャーズソング、鋭い脚を持っている馬で、かつてこのレースを制したテイエムサンデーがなぜか思い浮かぶ。


・共同通信杯
 共同通信杯はなんだかんだで早い上がりを出せる馬が勝つレース。同舞台の東スポ杯で33.4秒と断然の脚を使っている◎ブレイクランアウトが最有力。
 新馬+重賞2着の賞金ではクラシックに向けて不安が残るだけに、ここは勝負がかり。前走は負傷をおして武兄様が騎乗したほどの逸材、ここは勝ちにこだわる一戦だろう。
 トーセンジョーダンも魅力だが、福島、中山2000で連勝してきた馬、速い決め脚を見せているわけではないので、この舞台では◎に少し劣る。賞金は足りるので、2着があれば文句なく、連勝中に減っていた馬体を戻して「先」に向かいたい。今回、わざわざ勝負して勝ちを狙いにいく危険はするまい。


・小倉大賞典
 サンライズマックスは重賞2勝でメンバーでも格上の存在。久々で調子がどうかだが、横山ノリさんがわざわざ小倉まで遠征するくらいだから、調整不足はないだろう。勝負気配を感じる。
 10Rの500万下では1:08.1と開幕週の高速馬場だが、重賞を1:45.9、1:58.5の時計で勝っているので、速い馬場でも胸を張れる。むしろ、望むところだろう。
 先行有利の馬場状態で差し馬なのは気になるが、そこは意外性の騎手がなんとかしてくれるだろう。間が空いて人気の落ちたここは勝負したいところ!
 他では、レースレコードで決まった中山金杯の2&3着馬はここでも有力になるだろう。だが、人気のバトルバニヤンはタフな脚が自慢の馬、速い馬場では分が悪い。



スポンサーサイト
競馬 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。