--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/29.Wed

夜走性2

 先日、信州トレイルマウンテンさんでナイト・トレランツアーが企画されてましたが、雨天で流れてしまいました。
 聞くところによると、参加者がけっこう多かったとか……
 世の中にはモノズキはいるんだなあ、とか思いましたが、山走ってる時点で世間様にしてみれば××××の類ですよね。

 かくいうワタクシもモノズキの一人……ではありますが、仕方ないんです。
 走り始めたときから、走ってる時間はずっと夜でしたし、山に向かって1kmも行けばもう山の中、てな住環境ですから、1時間、だいたい10km走ろうと思えば、下っていけば千曲川の堤防道路で、上っていけば林道、てな状況なんで、夜に人気のないところ、というか野生っ気のある場所を走るのには馴れてしまっているのです。

 自宅発、自宅着のコースどりが多いのですが、昨年、大池から冠着山周辺でのプチ高地トレコースを発掘してからというもの、そちらの方でも走っています。

 聞くところによると、標高が100m上昇すると0.6度気温が下がり、海水面に比べて酸素の量がだいたい1%が下がるとのこと。千曲川が標高400m弱のところを流れてますから、酸素摂取的な(?)トレーニング効果は4%上昇、1000mのところでトレーニングすれば、同じ時間でも10%トレ効果がプラスになる事に!
 とまあ、以上は後付けの話ではありますが、堤防道路で漫然と走るよりも、自然あふれる中で走る方が楽しいので、この時期は林道に行ってます。

 幸いにして、あるぅ日~、てなことはまだありませんが、動物にはよく出会います。
 先日はイノシシのファミリーに遭遇しましたし、近ごろ食害が言われているニホンジカもつがいで見かけます。ハクビシンが多いのですが、イタチ科の動物もけっこう見かけますし、タヌキ、キツネなども。
 そろそろシーズンは終りますが、この季節はホタルが飛んでたり、林の中で光ってたりするのを見るのもけっこう楽しく、夜でも鳥の声は始終聞こえてますし、林の間から街の灯が眺められたりと、下の方で走っているのと違って、飽きがきません。
 そんなわけで、今年も今月からは大池の方でたまに走ってます。

 冠着山、大池林道は千曲市というビミョーな場所にありますが、興味のある方いらっしゃいましたら、走りに来てください。
 夜8時~9時頃から冠着山まで行って1時間半~2時間くらい、ほとんどロードになりますが、モノズ……お暇な方、一緒にトレーニングしませんか?


スポンサーサイト
ランニング | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
千曲川の堤防道路沿いって深夜は山より暗いし静かですよね。
8~9時かー、子供を寝かしつけてる時間ですねえ・・

最大酸素摂取量を鍛えてる人結構いますよね。
深夜に大きなザックを背負ってマスクをして、厚着をして走ってる人を複数人みかけますよ。街中で目撃するけど。
>
 深夜&ザック&マスク&厚着……、アヤシサ大爆発で、ワタクシがおまわりさんならすぐに職質してしまいそうです。
 お子さんは夜寝かせるんですね。てっきり、ニンジャに育てるために、昼夜逆転なのかと思いました!

管理者のみに表示
« 8月の山 | HOME | 夜走性 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。