--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/10.Mon

野辺山の……

 ついに今週末が野辺山になってしまいました。

 週間天気予報も発表されたので眺めてみると、どうも悪くないようですし、ひとまずはヤレヤレといったところですね。

 ワタクシはといえば、昨年のリベンジに燃えて……いるようないないような気分で、長野マラソン以降も走りこみを……やっているようなやっていないような状況です。
 ロードで70kmくらいを一回走っておけば安心できると思ってましたが、結局、マラソンのレースが距離走の位置づけになって、42kmといえば長いといえば長いけれど……100kmから考えてみれば、半分以下。マラソン練習を基準にしてみれば18kmの割合になります。どう考えても短いよな……

 さらに、ここに来て、ワタクシの頼みの綱・心拍計さまが故障してしまい、先週末修理に送ったところで、はたして今週末までに間に合うのか……たぶん無理だろーなー、と不安たっぷりでホンバンを迎えることになってしまいました。

 便利な道具に頼りすぎてて、その道具がなくなってしまうと……

 心拍計が使えないとなると、何か走る基準を考えてかなければ……

 そんなわけで、昨年の記録集を引っ張り出して、完走タイムを100%とした10km毎のラップを、上位数名の選手の平均で計算してみました。すると……

9.0-10.0-9.0-9.4-8.7-9.7-10.6-12.5-9.4-11.7(%)

 てな感じに。
 人によってビミョーに違いはありますが、さすがは上位の皆さんだけあって、構成は似たものになってました。

 また、野辺山を完走された方のブログやジョグノートを参考に、マラソンのタイムから野辺山のタイムを推測すると、だいたい、

 フルのタイム×3+1~2h

 てな感じになるようです。

 フルを2時間50分として計算しますと、野辺山は9時間30分~10時間30分、という皮算用。

 これで、先ほどの割合で10km毎のラップを計算すると、以下のように。

51-57-51-54-50-55-60-71-54-67:570分

54-60-54-56-52-58-64-75-57-70:600分

57-63-57-59-55-61-67-78-59-74:630分

 いちおう目標はサブテン(600分切り)のつもりなので、真ん中のラップを参考に走るように頑張ってみようかと思います。
 走れるところはキロ5分20秒か……


ウルトラ | Comments(5) | Trackback(0)
2009/05/18.Mon

野辺山


 45km。

 ウルトラマラソンのウの字も踏んでないような場所でリタイアしてしまいました。

 松原湖を過ぎたあたりから、右ひざに痛みが……

 理由を考えればいろいろと挙げられるけれど、なにより一番なのは、練習が足りなかった、ということでしょう。

 それに、完走するという気力も。

 あの過酷な条件で完走された方々(ワタクシが体育館に帰ってきた頃から風雨がいっそう強くなってきた)、惜しくも途中で関門にかかるまで挑み続けた方々、に心から賛辞を送りたいと思います。

 来年も必ず挑戦するつもりです。


ウルトラ | Comments(8) | Trackback(0)
2009/05/16.Sat

野辺山へ その4


 天気予報は……雨はさほどでもない? ようですが、風が強そうです。

 野辺山に行かれる方(もう到着してる人も?)、南牧村で会いましょう。

 ワタクシの背番号は1097番です。


ウルトラ | Comments(5) | Trackback(0)
2009/05/12.Tue

野辺山へ その3


 いよいよ今週末です。

 なんか天気予報が良くなさそうで、またもや懸念材料が増えてしまいました。
 雨降ってたら、カッパ着て走ろうか、ウインドブレーカーでいこうか……

 ワタクシのウインドブレーカー、内側もしっかり加工されているんで、外から雨通さない代わりに、内の汗もまったく通さないので悩んでしまいます。山で着て走ってると、すぐに汗が内側に溜まってくるのよね。
 それなら、いちおう防水透湿素材を使っているカッパのほうが良いかな? まあ、こちらにしてもしっかり蒸れるのですが。

 それに、その下の服装はどうしよう? 半袖で良いか、長袖にしようか? 途中で替えの服を置いとくべきか?

 雨降ってたらお休みしようかな……

 とまあ、当日までしっかり悩む事になりそうで、不安の多い野辺山ですが、少しくらいは好材料も。

 昨晩、疲労抜きでjog、というかウルトラのペース走(HRT140)をしてラップを計ってみたら、1km5分で走れました。
 計ったのは平坦な場所で、野辺山は平坦な場所が無いという噂の難コースですから参考になるようなならないような……、でも、5分で走れてれば及第点かな?
 ずっと平坦、疲れない、という仮定なら100km500分で走れることになります。

 ただまあ、機械じゃないので、走ってりゃ疲れますし、脚のダメージは必至です。
 昨年、水晶岳に行ったとき、帰りの湯俣から高瀬ダムの約10km区間(平坦)を根性で走ってみたら、1km7分30秒のペースでした。
 過去、あれ以上に疲労して(11時間くらい行動してた)走ったことはないので、目下、ウルトラの後半を思い浮かべるのに最も近い状況です。
 どうやっても脚が動かなくて、あれ以上速く走れなかったからなあ。

 1km5分でスタートして最後は7分30秒まで落ちる、ということですが、逆をいえば、疲れてても7分30秒で走れるということ?
 単純に計算はできませんが、500分~750分の中間点は625分、あと30分どうにかできればサブ10、いける!?

 まあ、天気が悪ければペースも落ちるでしょうし、疲労も速く溜まりそうなので、皮算用になりそうですが、少しは自分を奮い立たせないと!




ウルトラ | Comments(3) | Trackback(0)
2009/04/27.Mon

野辺山へ その2


 野辺山ウルトラのコース図を入手しました!

nobeyama01.jpg nobeyama02.jpg

 こんな図なら100kmもそんなに怖くなさそうですね!
 高低図を見ると、上りは南八ヶ岳林道と馬越峠の二箇所、頑張って上って下って上って下ればゴールみたいです。
 途中にはトランジットが3箇所ありますし、選手は温泉にも無料で入れるとか!
 なんだか楽しそうなウルトラマラソンのイメージです。

 などと、上のようなイメージ図では思ってしまう(?)のですが、カシミールに入力してみると……


nobeyama03.jpg

 なんか八ヶ岳がすっぽり入るんですけど。



ウルトラ | Comments(2) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。